アトリエ月の窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜参観

<<   作成日時 : 2009/06/30 22:07   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

えー、前回の記事ですが多少言葉足らずだったようです。ツッコミの拍手が来てました。

>頑丈なのはいいけども、耐熱仕様じゃなかったら前のノートの二の舞だと思うんですけど・・・・ by 久留理
>どんな重さに耐えられるものよりどんな高熱にも耐えられるほうがいいんじゃないですか?

そ、そうですね。あの書き方ではそう思いますよね。

もちろん、そちらも確認して購入しました。熱が発生しにくい設計なのだとか。
おまけに耐水仕様なので防備は万全です。
手元に届くのはまだ先なのですが、期待しています。



それはさておき、日曜日は日曜参観に行ってまいりました。
休日の朝が遅い一般家庭の事情をくんだのか、二時間目からの授業です。
科目は「さんすう」。私はもろ理数系の人間なので、興味津々です。

息子は一足先に
登校し、二時間目が近付いてから親も登校、といった流れです。
息子を見送り、私も奧さん娘といっしょに家をでます。
と、そのときでした。
――家の前で、見知らぬおじさんが呼びかけてきます。

おじさん:「ここ、子供二人いるよな?」

なんとも、厳めしい表情です。
子供も、二人揃えばやかましさは倍増どころか2乗です。
先日、家の前で見知らぬ子供が見知らぬおばさん(恐らく近所の人同士)から小言を言われている場面を目撃したこともあります。

つまり「いつもうるさいで」という苦情でしょうか?

私と奧さんが身を硬めていると……

おじさん:「うち、ザリガニおるけど、いるか?」

……親切な、おじさんでした。

どうやら、向こうも面識のない相手にそんなことを言うのが恥ずかしかったようですね。娘が大喜びすると、おじさんもにこやかな笑みを浮かべました。

ですが、ここで問題があります。
私たちは息子も日曜参観に行くところです。
親切なおじさんは、すぐそこだから取りにおいでといってくれています。

まあ、こういったとき、「あとでお伺いします」とでも言えば良かったのでしょうが、咄嗟にそれは思いつけませんでした。

息子 = 虫さん大好き + 恐竜超好き + お魚ちょい好き

ザリガニなんて見たら狂喜して踊ってくれることでしょう。
数秒の逡巡ののち、私は決断しました。

私:「ここは私に任せて、君は息子のところへ!」

そのとき私の自転車に娘を乗せていたので、奧さんにはさきに学校へ行ってもらうことにしました。
そうしておじさんのお宅にお邪魔すると、でっかいバケツにメダカやザリガニ、金魚がうじゃうじゃ。なんともワイルドな飼い方です。

その場でメダカ(たぶん30匹くらい)とザリガニ2匹をいただき、丁寧にお礼を述べてから小学校へ直行。
小学校は上靴にサンダルを持っていかなければならないのですが、そちらは奧さんに預けたままでした。

困りました。……と思っていたら、息子の下駄箱にスリッパ×2があるではありませんか!
どうやら奧さんが気転を 利かせて残していってくれたようです。バイオハザードで思いがけないアイテムを手に入れたような気分でした。

それから教室に行くと、ちょうど授業が始まったところでした。
奧さんはすぐに発見できたので合流。そのまま息子を見守ります。
授業は車が7台いて4台いなくなったら、これをどんな文章で問題にしたらいいか、という流れで私が子供のころよりも大分良い内容になっている気がしました。
息子も自分で手を挙げてきちんと答えていました。愛らしいです。

その後は、視聴覚室っぽい部屋でスライドを使ったクイズを出してもらったり、子供たちが歌を歌ってくれたりしました。
教育というものは、端から見ていると疑問に思うことも多々あると思いますが、全体的に良い内容でした。

家に帰ったあとの話ですが、もちろん息子は狂喜乱舞してくれましたね。
それから奧さんはザリガニ飼育用品(水槽とかエアポンプとか)を買いに走り、私もノートが壊れたので新しいパソコンを買いに走ったりと、バタバタしました。


息子の話だけだとなんですので、娘の話も。

朝と昼、職場に出るとき、奧さんと娘がお見送りをしてくれます。私は自転車で行くわけですね。
それが最近、娘がただ見送るだけではなく、途中まで(最初の曲がり角まで)走って追いかけてきれくれるようになりました。

娘:「いってらっしゃーい! がんばってねー!」

はい。今日も一日頑張ってきました。

web拍手を送る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ザリガニにメダカですか、今じゃ中々見ることの出来なくなってきた生き物です。(おじいちゃん凄い)
そして、ザリガニ達を見て狂喜乱舞する息子さん良かったですね。

娘さんは可愛いですね途中まで走って追って来るとは
オキフミ
2009/07/01 05:50
角までついて来てくれるなんて・・・・・・羨まし過ぎます(>_<)
水樹さん家のお婿さん
2009/07/01 08:38
>オキフミさん
ザリガニはまだ田んぼとかには普通にいるみたいですよ。ですがメダカは確かに見かけません。
うちのメダカ、元気すぎてときどき身投げしてます。

>水樹さん家のお婿さん
あれはなかなか言葉では言い表せないかわいらしさです! ……バカ丸出しですね。すみません。
teshima
2009/07/02 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
飛べない蝶と空の鯱T
〜蒼の彼方より、最果てへ〜
5月17日発売予定
剣刻の銀乙女3
かくて滅びた幻想楽園
5月18日発売予定

富士見書房へのご意見感想等はこちらへ
dm-post☆fujimishobo.co.jp
☆印を@に修正ください
画像
日曜参観 アトリエ月の窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる