アトリエ月の窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 一山越えました

<<   作成日時 : 2009/06/13 11:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

今週は……いえ、今週もですか? バタバタしてました。
一つの原稿でも締め切りというものは複数存在したりするのです。
最初の下書き。それを修正した草校。そこから校正がグルグル回ったりと。
その辺りの流れは長編も短編も変わりません。

つまり、なにが言いたいのかというと、ひと月の間に締め切りというものは何度もあるのですね。

そして、そういった事情を考慮しますと編集部から言われた締め切りに間に合うようにやっているのでは、間に合わないのですね。パラドックスですね。

そんなわけで、原稿の方が一段落つきましたので拍手回答なぞしたいと思います。

あ、もう一つありました。
先日、あるところに載せていただくマルクの宣伝の記事を見せていただいたのですが……

――めちゃくちゃかっこいい――

いや、嘘は書いていないのですが、マルクってそんな格好良いお話でしたっけ?
表現一つで印象とはガラリと変わるものなのですね。こちらの方は、許可が降りたらまたご報告したいと思います。

では、拍手回答……全部いけるでしょうか?



>親馬鹿レベルがカンストしてますね。
>親馬鹿が超加速。
>ディープ親馬鹿作家手島史詞降臨!!
> 手島さん「親馬鹿王に俺はなる!!というかなってる!!」
>『親馬鹿という字を着た作家』さんですね、了解しました。 by はむ
>つまり作家もやってる親バカのブログって事でFA。
> えっ?
>
>…
>……
>………………親バカ日記ですよね? by しぇろ

……いや、その、……ね? ほら、私も一応、作家というか、……無理ですか?
ならば、いっそ堂々とバカを言いましょう!
あれからも娘は毎日ご飯(特にお昼)は野菜を切ってくれたり揚げ物のころもをつけてくれたりしてます。
ええ。一昨日、トマトとモッツァレラチーズのスープなど食べたのですが、そっちも娘が材料を切り、なんと調味料まで頑張っていれたのだそうです。
幸せって、きっとあんな味なんだな、と思いました。

>子供がいる以上手島さんを美少女と主張するのは難しいので、ここは手島さんは男の娘とかいう説を提示してみる。
皆さん、美少女好きですね。
たぶん、私はデビュー作から親馬鹿に設定されてしまったのでしょうね。
美少女父さんというのは無理があると思いますよ。え? 美少女のお父さん? 困りましたね。私もうちの娘が美少女などと主張した覚えはないのですが(ニコニコ)

>影執事マルク目指せTV化皆が動き回るところが是非とも拝見したいです。お仕事と執筆を頑張って下さい by オキフミ
アニメ化!
浪漫ですね。マルクだって、このまま売り上げが伸びればいつの日か!

>手島先生… あなたという方は、なんて幸せそうなブログをお書きになるのですか…
いつも読ませていただいていて常々思いますよ。本当に羨ましい限りです。
読んでいるこちらまでが嬉しくなったり微笑ましくなったりするような記事を多数更新してくださり、いつも目の保養、心の滋養にさせてもらってます。
また先生の作品、主には『影執事マルク』シリーズを読ませていただいた際には感想等を寄せさせていただきますね(^^)
ではまた... by 透き通った金魚鉢

あう、バカなことばかり書いていて申し訳ないです。
マルクもよろしくお願いします。

>手島さん、凄い壊れっぷりだったんだろうな。
>大楽さんのところからきました!
>取り乱して病院につれていこうとしませんでした?
>はじめまして。マルク面白いです。
>指を切ったお子様を見たときの手島先生の反応…、やはり「ジェノサァァァァァァァァァァイッ!」(「蒼穹のカルマ1」24〜25P参照)でしょうか?(笑) by 慎
>きっとその包丁のメーカーさんに向かって「ジェノサァァァァァァァーイ!」やら「デストロォォォォォォォーイ!」やら叫んでいたに違いない、うん。

娘が包丁で指切ったときの拍手です。
皆さん、カルマ好きですね。私も大好きです。
でも、私はちゃんと良識があるのでメーカーに破壊予告などだしていませんよ。ね? 本当ですよ?

> きっとカナメはマルクの腕の中にすっぽり収まりたいのですね。
> 借りはあれで一つ分でしかないということは、カナメはマルクにもっとラブコメやれというんですね?いい雰囲気もっと作れと求めてるんですね?なんと過酷な要求。

マルク4巻は3巻の予告通り、エルミナとカナメの過去にスポットを当てております。ご期待ください!

>みんなのマルク
共有財産?

>川口さん繋がりでブログのタイトルの話題が出てますが、手島さんのブログのタイトルはもはや「親馬鹿日記」にするべきではないかって勢いですね。
ええっと……、ブログタイトルの件は、川口さんだけの技(?)だと思います。

>本当に素晴らしい家族ですね。これからも家族仲良く元気に暮らして下さい。 by オキフミ
ありがとうございます。

>パラ?
ブラッディローズ!
いや、私がただ魚座生まれだというだけです。
……最初に出てきたときは、魚座の聖闘士だって悪党じゃなかったはずなのに、どうしてハーデス編やテレビじゃあんなに(涙

>>優しいお姉様
>ただし別の意味でマルクの危機は増えそうな希ガスw
>そう、貞操的な意味でw

……つまり、どうしたってマルクは報われないということですね?

>お体に気をつけて執事頑張ってください!
>後、惚気希望です!
>奥さんの惚気も書いたらまた一つ異名が増えるだけかと。
>過去の記事を一気読みしたのですが。
>何ですかあの「それなんてラノベ?(ラブコメ)」ってな感じの奥さんとの馴れ初めは。

あえてその危険を冒しましょう!

当時、私は筆記用具にサインペンを入れてませんでした。買おう買おうと思っていて忘れていたのです。
で、隣の席の奧さんにちょこちょこ借りていました。なんでこの人サインペンくらい持って来ないんだろうと思われていたわけですね。加えて、私が持ち歩いているカルトン(画板)には「50%OFF」「特売品」という謎なステッカーが張られていました。
つまり、変な人だと思われていたのですね。
それが一度話してみると、どうやら同郷らしいと発覚。それから意気投合して数時間しゃべり倒して……
とまあ、そんな感じで仲良くなりました。
ちなみに当時の奧さんは、道を歩けば何もないところでも転ぶ、とても愛らしい人でした。

>ミスマルカとか聞くとゼンラーマンしか思い出せません
私もまだ読み始めたばかりなのでなんとも言えませんが、いろんな意味でエミリオが気になってます。

>ドミニクはゼンラーマン・スチュワードになれるタイプ
>ドミニク=なんという嫉妬マスクww
モテない男のヒガみは恐ろしいww

ドミニクもちょこちょこ人気ありますね。彼は、私にもなにを考えているのかよく分からないのですが、妙に書くのが楽なのです。

>すごい娘さんの愛らしさは生物の美的概念の壁すら越えるというのですね?
丸くて柔らかくて温かいものは、種族を問わず動物の母性本能みたいなものを刺激するのだそうです。
オオカミが人間の子供を育てたりしたのもそういった理由だそうです。

>手島さんはまだ二十代だったのですかΣ( ̄□ ̄;)
>てっきり35歳位だと思ってました(^w^)
>二十代で子持ちということは『勝ち組』ですね(笑)
>某美少女に勝ち方のアドバイスを一言お願いします(^m^ )クスッ by REI

ええと……、古来より美少女は悲劇に見舞われる割合が異様に高いので、寄ってくる男には十分ご注意ください。
特に光源氏のように、義妹に手を出してしまうような方には要注意です。

以上です。
拍手くださいました皆様、ありがとうございました。

本日はこれから娘の靴を買いに行って来ます。
あ、あと拍手ボタン、デザインがあれこれ変更できるらしいので試してみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
締め切りお疲れ様です。ところで手島さんは、初めて富士見ファンタジア大賞に投稿したときは作品を幾つぐらい投稿しましたか?もし良ければ教えて下さい。
オキフミ
2009/06/13 12:42
執筆お疲れさまです。校正は何回もするので大変そうです。

奥さんとの馴れ初めは漫画とかにありそうな感じですね(笑)

そういえば新作のスパロポに出て来る作品懐かしくありませんか?二十代半ばから三十才辺りを狙っていると思います。本当に懐かしいです。
ノブ
2009/06/13 15:12
>オキフミさん
ええっと、1度に何作品投稿したかということ
でしょうか?
私は、締め切りがちょうど良さそうな新人賞を探しては書き上がる度に送ってました。一カ所につき一つですね。ちなみに富士見書房は二度目の投稿で受かりました。

>ノブさん
>奥さんとの馴れ初めは漫画とかにありそうな
その後、さらに漫画みたいなストーリーが続きますが、多少プライベートに食い込んでいるため公表できそうにありません。
スパロボは石踏さん経由で聞いています。
リューナイト。エルドランシリーズ。アイアンリーガー。どれをとってもため息が漏れるほど好きでした。
今やってるイナズマイレブンなんか、アイアンリーガーが帰ってきたような気分で、嬉しくって仕方がないのです。
teshima
2009/06/14 15:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
飛べない蝶と空の鯱T
〜蒼の彼方より、最果てへ〜
5月17日発売予定
剣刻の銀乙女3
かくて滅びた幻想楽園
5月18日発売予定

富士見書房へのご意見感想等はこちらへ
dm-post☆fujimishobo.co.jp
☆印を@に修正ください
画像
一山越えました アトリエ月の窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる