アトリエ月の窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 影執事マルクの覚醒 その2

<<   作成日時 : 2009/10/23 21:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

おかしい……。
いくらパソコンと向き合ってもまったく原稿が進まない。
頭がぼーっとして文章が思い浮かばない。これが噂に聞くスランプというものですか……!

とまあ、風邪気味でしたので栄養剤と葛根湯で応急処置しときました。今週土曜日までお仕事なのですよね。


……はい。
それはともかく、マルク6巻のあらすじが公開されてました。

『影執事マルクの覚醒』

12月はまた……いやもう毎度のことなので今さらという気がしますね。なるようになるでしょう。
しかし「生徒会」「ひめぱら」「D×D]はよくかち合いますね。何気に「エデン」も二回連続です。こう何度も発売日かぶるとなんだかお隣さんのような気分ですね。


さて、作品絡みのお話はここまでで、娘の話をしたいと思います!

先々週の月曜日。私は娘の自転車から補助輪を外しました。
娘はまだ4歳ですし、幼稚園も来年からです。
そう――補助輪を外すには早すぎる。
私もそうは思いましたが、秋という季節は外で遊びやすいです。娘も意欲的でしたので試しに外してみたのです。

ところが、時を同じくして私も執筆、昼の職場共に修羅場に突入してしまいまして、休日も市民運動会や雨が重なってしまったものですからほとんど面倒を見てやれませんでした。

まあ、今週の日曜くらいはなんとか時間を作れそうです。あとは晴れてくれれば……。
そんなことを考えながら、昼休みに家に帰るときでした。


――帰り道の公園に、娘によく似た女の子か娘がいました――


うん……? ずいぶん娘によく似た子ですね。
私がメガネの位置を修正していると――

女の子:「おとーさーん!」

はて? 周囲にお父さんらしき人影は見当たらないのですがね。

女の子:「見て見て−!」

女の子は、軽快に自転車を漕ぎ回していました。

――娘(四歳)が、自転車に乗れている……!


もう、ね。凄く眩しい笑顔で乗り回していました。
まだ漕ぎ出しが危ない感じですが、一人ですいーと乗りこなしています。

ああ……。結局、手伝ってやれなかった。

私が手伝ってやれなかった分、奧さんが昼間頑張って練習させてくれていたのですね。
しかしまさか2週間と経たずに乗れるようになるとは。
前々から薄々気づいてはいましたが、娘の運動神経はどうかしてます。二歳になる前に逆立ちもできるようになってましたし。

そんなわけで、娘と二人で自転車ならべて家に帰りました。
なんか、幸せでした。


あとはイナズマイレブン!
最近、特にイナズマが面白くてしょうがないです。

その一――円堂のタイヤ事件。
鬼道君。正直に答えたまえ。君、あれは遊び心が入っていただろう? ちょっとタイヤでグルグルしてみたら面白いんじゃあないかな、とやってみたかったんじゃあないか?
よくやってくれた! さすがは元帝国キャプテン。ユーモアのキレが違います。

その二――染岡頼られてる。
吹雪君が誰にも語れなかった悩みを打ち明けてました(他のメンツは本人から聞いたわけじゃなし)。それに不器用なことしか言ってやれない染岡。大好きーーーーーーー!

その三――次回予告。
あの回転、デスゾーンですよね? パワーアップ版とかあるんでしょうか? デススターとか(帝国だし)!
あと、鬼道君は帝国ユニフォームの方が似合ってます。円堂君やデザーム君がキーパーじゃないと違和感あるように。

次回が待ち遠しい……。

では拍手回答でも。
>アルバを見てくれる女性はセリアでしょうけど、ドミニクは?……ヴァレンシュタイン家所蔵の馬(♀)?
>ドミニクを見てくれる女性……女性?

〜ある花屋の店員の場合〜
AM10:00
今日もあの人がきました。
いつも通り端正な横顔に穏やかな笑み。私が見惚れていることなど気づきもせず、表のカフェテラスに入っていく。いつも通り珈琲を一杯飲みつつ、たくさんの書類を整理。そうして珈琲を飲み終わると、彼は決まって私の花屋に顔を出してくれます。
店の前に彼が来ました。
とたんに胸が高鳴り、彼の顔を直視できなくなります。
声をかけてみたい。一度で良いからお話してみたい。
だけど、私にはそんなことはできません。何故なら――

ドミニク:「うん。今日も君達は綺麗だねえ。ここの店員さんはきちんと手入れしてくれるからいいよね。でもね。昨日アイシャが……」

嗚呼……。
どうしてこの人はこんなに自然に花に話しかけられるのでしょう。
私は、そんな名も知らない彼が愛しくてたまりません。

> 何人も落としているのに気づかないマルク。
>そりゃ大勢の前で振られちゃトラウマにもなりますよね。

初恋はレモンの味とか言いますが、彼の失恋はねりわさび味だったのでしょう。

> マルクとエルミナとカナメの間の想いは双方向だから意味あるんだよ(二股だけど)、片側通行の想いに意味なんてないよ、と言い切ってみる(鬼)
二股推奨とは剛胆なお方です。

> 全自動フラグ製造機マルク
燃料費としてマルクの財産が恒久的に失われ続けます。

以上です。
今日は早めに寝て、明日原稿勧めましょう。ええ、それが良いです。でも今週は休みが……

web拍手を送る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
運動神経が素晴らしすぎます!四才で補助輪無しって見たことありませんもん。でも娘さん、益々アイシャに似てきてますね。
オキフミ
2009/10/24 08:04
>オキフミさん
アイシャ……。確かにだんだんあんな感じに……。あ、でも娘はきちんと料理できますよ!(自慢)
teshima
2009/10/28 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
飛べない蝶と空の鯱T
〜蒼の彼方より、最果てへ〜
5月17日発売予定
剣刻の銀乙女3
かくて滅びた幻想楽園
5月18日発売予定

富士見書房へのご意見感想等はこちらへ
dm-post☆fujimishobo.co.jp
☆印を@に修正ください
画像
影執事マルクの覚醒 その2 アトリエ月の窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる