アトリエ月の窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月ラスト−!

<<   作成日時 : 2011/08/31 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

更新遅くなりましたが、生きてます。

言い訳をしますと、この業界は電話一本で突然修羅場ったりするのです。
というわけで修羅場明けで「さあ家族でキャンプでも行こうか!」とか油断しているところに直撃したもでいろいろてんてこ舞いでございました。
そんな原稿の奇襲攻撃もようやく鎮圧いたしまして、なんとか帰ってこれましたとさ。


以下、簡易取材レポ

というわけで、週末は家族で山までキャンプに行って参りました。
私たち一家は実はキャンプは初めてなのですが、そちらの熟練者のご家族が誘ってくれましたので連れて行ってもらった形です。

いやあ、テントの組み立てとかもやってみたのですが、あれは癖になる楽しさですね!

まずは浸水防止(でしょうか?)のビニールを敷いて、その上にテントを組み立てていきます。
こう、骨組みは全てゴムが通されていて伸ばすだけで勝手に組み上がるようにできているのです。なにやらシャココンと組み合わさるのでなんとも爽快でしたね。
それからテントの本体を張っていくわけですが、こちらも全体像を把握してからでないと何が何やら分からない分からない。
ひとまず中央の一点を釣り上げるのは共通しているらしいので、まずは頂点から設置。それから骨組みの先端にテントの端を接続していきます。骨組みは筒状でして、テントの方には接続用の金具が取り付けられています。その金具を筒の中に放り込む仕組みでした。
それから一通りフックで骨組みに貼り合わせると、次は外側の張り付け。
このときになって初めて知ったのですが、テントというものは内側と外側で二重に布を貼るものなのですね。外側は雨や日差しを防ぐために必要のようでした。
それからシュなんとかという杭(名前忘れた)を四隅に八本打ち付けできあがり。
あ、その前に出入り口の前にも一本ずつ打ちました。雨が降ったとき、入口を守るために傘上の屋根を設置できるようになってるわけですね。

そうして組み上がると出入り口と窓もついており、ビニールと網の二重構造でした。入口の方は傘の部分や外側の扉などのヒラヒラしたビニールが、邪魔にならないようにクルクル巻けるようにできてました。

できあがったら、もちろん子供たちが狂喜乱舞して飛び込んでましたとも。


それからバーベキュー!
バーベキューとかも自分で上手に火を熾せるようになりたいものです。
そうそう。バーベキューですが、何せ素人なものでどうやったら火が付くのか分からなくて四苦八苦していたところ、そのベテラン一家のお父様が遅れて合流されまして、シュパッと着火してくれました。
あれは格好いいですね。

固形の着火剤があるのですが、あれに直接火をつけて放り込んでやると大体燃えるみたいです。
今回は炭がしけていたのか火のつきが悪かったそうな(決して私の無知だけが理由ではない)。
一度炭が燃え始めれば、炎が上がっていなくても熱があるのですね。肉などもきちんと焼けてました。
あ、それから夜バーベキューをやる場合はきちんとした出力の懐中電灯を用意しないと焼けてるかどうか見えませんでした。必需品ですね。
というか、火を見るとなんだか興奮してしまう私は子供なのでしょうか?
それと、ベテラン一家さんは簡易コンロを持ってきてまして、2、30分でお米二合が簡単に炊きあがってました。
あれ、きっと私がやったら上手く行かないんだろうななど思いながら観察させてもらいました。
ちなみに交換用のガスは結構安価だそうな。お湯も簡単に沸かせるし、キャンプで持ってると重宝しそうでした。


あと、山の夜は本当に寒いのですね。
四人用のテントで身を寄せ合って寝ていたのですが、明け方には寝袋を使わないと寒かったです。
夏は長袖の上着(私はパーカー)があればなんとか乗り越えられる程度。でもやっぱり寝袋は欲しいかもです。
冬は、本気できちんとした装備でないと凍死しそうな気がしました。

私が積極的に関わったのはそのあたりでしょうか?
一日目の朝に出発して二日目の夕方に帰宅というスケジュールでした。
え? それ以外に何をしていたかって?

……原稿書いていました。
みんなが楽しく自然を感じている隣でノートパソコン叩いてるって、なんかいろいろぶち壊しというか「空気読めよ」と自分でも思いました。

子供たちは勝手にはしゃいでくれてましたし、奥様方でそちらは面倒見てくれたので私は椅子とテーブルを確保してひたすら修羅場。
その原稿自体はそこまで急ぐ必要はないものだったのですが、今月中に仕留めておかないと次の強敵がすでに待ち構えている状態ですので、気を抜く暇などありませぬ!

あ、そうそう。
それとキャンプの日は豪雨が直撃しました

いや、降り始めたときはどうしようと思いましたが、ベテランさんがいてくれたおかげでパニックを起こさずに済みました。
雨が降っても屋根付きのバーベキュー場がありました。机もでっかくて快適快適。
夜は木から落ちてくる雨雫が心地好い音を立ててました。
気になる方はきっと眠れなくなるのでしょうが、私は雨の音は実はかなり好きなのです。



……はい。大体こんなものでしょうか?
修羅場でも出向いた甲斐あって、好い取材になりました。

嵐が、来る!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
飛べない蝶と空の鯱T
〜蒼の彼方より、最果てへ〜
5月17日発売予定
剣刻の銀乙女3
かくて滅びた幻想楽園
5月18日発売予定

富士見書房へのご意見感想等はこちらへ
dm-post☆fujimishobo.co.jp
☆印を@に修正ください
画像
8月ラスト−! アトリエ月の窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる